指板上のメジャースケールを楽に覚える方法【ギター初心者向け】

ニーハオ!

今回はぼく自身も悩んでいる

ギターのスケールの覚え方について得た

ヒラメキをシェアしたいと思います!

 

ギターはもう何年もやっているのですが

簡単なコードは一通り覚えてて

感覚(響き)で自分でコードつくったり

コード進行を作ったりはできるのですが

スケールが覚えられないのです。

 

スケール全部覚えよう!とすると

1フレットずつ覚えようとしたり

それで長続きせずに挫折しがちなんですが

今回シェアする方法は簡単だと思います。

 

それは、

1弦において2音ずつ覚えていく方法。

…ちょっとわかりにくいですね。

まず、Cメジャースケールは頭で思い出せますか?

C,D,E,F,G,A,B

これはピアノで言う白鍵だけで弾けるスケールで基本ですね。

この音をギターの指板上で

全全半全全全半

全音と半音の覚え方が教わっていると思います。

C-D、D-E、E-F、F-G、G-A、A-B、B-C

全  全  半  全 全  全  半

というような具合に。

E-F、B-Cは半音(指板上で隣のフレット)の関係です。

まずはここだけ頭で覚えておきましょう。

 

そして今回の方法ですが

Cメジャースケールに限って覚えます。

1弦において2音ずつ覚える

それはつまり

CとFの場所だけ覚える

ということです。

CDE..の並びは覚えられたら

あとは半音のポイントを覚えるだけで

自然とほかの音も覚えられるはず

なのです。

 

【追記:CとFはCキーの次にGキーを弾くときにFがF#に、Dキーを弾くときにF#とCもC#になります。そのためCとFを覚えると3つキーに対応しやすくなります。】

 

簡単に書いちゃうとこんな感じ

 

f:id:shiocider:20180430163403j:plain

 

すごいハショってますが。

指板の1ー6弦、13フレットまで書いてあります。

指板は12フレットが開放弦と同じ音名なので

1フレットと同じ13フレットまでを覚えます。

赤い〇で書かれているのがC、Fのポイントです。

 

1弦1フレットF、8フレットC、13フレットF
2弦1フレットC、6フレットF、13フレットC
3弦5フレットC、10フレットF
4弦3フレットF、10フレットC
5弦3フレットC、8フレットF
6弦1フレットF、8フレットC、13フレットF

 

1弦と6弦は同じEのチューニングなので音の並びは同じです。

13フレットまで覚えるのは12フレット以降も同じ並びなので

応用できる態勢を作るためです。

 

ぼく自身も中級者までいかない技量と知識なので

至らぬ点もあるかと思いますが

この方法で覚えはじめてみようと思っています。

 

自分で書いたほうがしっかり覚えられますよ!

 

最後に、最後まで読んでないけど

これはためになる!という教則本を紹介して終わります。

 

 

 

特にいちむらまさきさんの本とYOUTUBEはおススメです!