SABAJ DA3 USB DAC/ポータブルヘッドフォンアンプ!ー[追記:ドライバーについて]

今回はポータブルUSB DAC/ampの面白いものを見つけたのでGETしてきました!

 

小型で768khz/32bit、DSD512まで再生できるDAC、モンスタースペックですね。

それがこちら、

SABAJ DA3です。

 

f:id:shiocider:20171125133301j:plain

スマホに繋げてポータブルDACとして使用可能。

さらに2.5㎜バランス出力(AK規格)付き。

早速DSD5.6Mhz、358.2khz再生の確認ができたのでレビューしていきます。

 

 

 付属USBケーブルは通常のUSB-AからTYPE-Cのケーブル。

ポータブルには長めですが、リバーシブルケーブルになっています。

変換用にこちらも一緒に購入しました。

 

 両端TYPE-Cのケーブルってなかなか売ってないのですね。。

 

スマホにつなげます

スマホはZTE AXON7mini、

アプリはHF PLAYERを使用。

いつの間にやらアップデートで384khzまで対応していました。

 ※スマホによってOTG接続できないものだと、DACを接続できません。

AXON7miniはUSB Type-Cとなっています。

 

接続したらなんと名前まで認識しました。優秀。

 

f:id:shiocider:20171125135201j:plain

 

各種設定をしまずは352.8khzで再生。

f:id:shiocider:20171125135423j:plain

 

For Tracy Hydeの曲、Afterで試聴。

爽やかさと煌びやかさ、切なさが轟音の中で駆け抜けていきます。

アップサンプリングなしと比べると、立体感が生まれますね。

 

続いてDSD5.6Mhzでの試聴。

 

f:id:shiocider:20171125135406j:plain

DAC本体の表示がわかりやすいですね。bit深度までは表示されていませんが。
DSD出力の際、スマホ側の音量をMAXにしないとノイズまみれで聞けません。
これはCyberdriveのDACも同じですね。

DSDだと明らかに違いがあります。

押しが強く、濃密で隙間のない音になっています。

立体感も負けていない。

このコンパクトさでDSD再生、384khz再生も可能なんてかわいらしいです。(?)

本体が熱を持つ感じもしませんね。

 

本体について

ボタンが3つ付いていますが、

音量、output選択、フィルター機能選択、画面オフ

の操作ができます。

様子はこんな感じ。

かなりレスポンスがいいです。

 

 駆動力も申し分なく、TZAR350で聞いてますがパワフルです。

バランス出力のほうが音が大きく感じます。

 

○ボタン長押しで電源ON/OFFなので、

スマホから外す際の不安が減りました。笑

 

と、今日はここまで触れてみました。

一万円クラスでこのスペックも音も素晴らしいです。

 

スマホの電池は大分食うので外ではあまり使わないですが、

ぽたおでたいむを充実させてくれるアイテムですよ!

 

【追記】

Foobar2000ではWASAPIで再生していましたが、

公式サイトにASIOドライバーがありました。

SHENZHEN DAHAO TECHNOLOGY CO., LTD

SupportページよりDA3選ぶと

http://www.sabaj.com.cn/en/services.asp?id=74

こちらのページに行くのでドライバーをDLします。

注意点としてどうやらCyberDriveのドライバーがあると

干渉している様子だったため、

CyberDriveのドライバーをアンインストールしておきました。

これでASIO動作しています、参考まで。