読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyberdrive Forte classic soprano

イヤホン

昨日紹介したイヤホン、

Cyberdrive Classic sopranoの紹介をしたいと思います。

ちなみにこのイヤホンには

金属をハウジングに使用したモデルと、

BASSチューニングモデル、

合わせて4種類出ています。

 

まずこのイヤホンをメーカー紹介によると特徴は、以下のようになります。

 

ハイレゾは証明された。
テレビの4Kと同様にハイレゾオーディオ解像度は超細密です。
ハイレゾオーディオはCDデジタルよりも大幅に広い帯域を意味する。
周波数特性5-40,000KHzによりレコーディング音源を素直に再生できる。

スタイリッシュ、機能性、拡張性、持続性
スタイリッシュでありながら機能的。世界でベストのイヤフォン
サぺリ材は成長が早く且つ耐久性が高い木材で我々が選んだ理由はその音響特性に注目したからです。

トゥルー・トゥー・サウンド
「トゥルー・トゥー・サウンド」は中高音の美しいチューニング

 

HIFの特異性
フォルテのハーモニック干渉フリー(HIF)技術は元々は自然保護を目的とした研究の過程で騒音を発する滝の近くでアマガエルの鳴き声を研究している時に発見されました。

インライン・コントロール
プッシュボタンとマイクは音楽を聴いている状態から電話に出てまた音楽に戻るまでシームレスで、全ての動作で携帯に一度も触れる必要がありません。


現在のパッケージには、保護ケースを持っていません。私たちは心からのパッケージにエラーメッセージをお詫び申し上げます。

 

この一番下の保護ケースについてですが、

パッケージにはついているような表記があるのですが

実際には付属していませんよ~ということです。

 

魅力

第一にこのイヤホンを選んだ魅力は、

・40,000KHzまで再生=ハイレゾ対応ということ。

・木材であるサペリを使用したハウジング

・「トゥルートゥーサウンド」という中高音メインにチューニングしていること。

この3点です。

 

ハイレゾに関しては非可聴領域で人間には聞こえないよ~

てよく言われています(笑)

逆にその領域が聞こえなくても流されていることにより

リラックス効果があったり、、なんて言われてもいます。

個人的には余韻や響きに余裕があるかな?くらいに感じたりもしますけど(笑)

 

とにかくハイレゾ対応のイヤホン、ヘッドフォンは

はじめてだったので手を出してみました。

 

・次にサペリ材、これは楽器でも使われる素材で、

ウッドハウジングマニアの人にとっては気になって

仕方がないと思います。自分もですw

 

ちなみにカナル部分の銀色の部分はプラスティックのようで、

金属だったらなぁとちょっと残念。

 

・トゥルートゥーサウンド

トゥットゥルーサウンド()

なんてバカにはしてないですが、

これが一番魅力的だったので、

BASSモデルではなくこちらのSopranoにしました。

 

音質

まだ20時間も鳴らしていませんが

 

・音の傾向を比較してみると、

TZAR350が全域端正に鳴らすのに対し、

こちらは中域がメインにチューニングされているのがわかります。

よく聞くと高域は中域より弱く感じます。

対し低域は「これ強くない?」と思うほどにでています(笑)

 

ハイレゾの恩恵

これは何となくでしかないですが

確かに体感できるものかと思います。

アコースティックライブ音源で会場に音が響き、

音がなくなり風景がシュンと黒くなる瞬間。

それも感じられました。

 

・解像度

これは値段で考えても

文句ないレベルに仕上がっていると思います。

BRAVO KICKERが残念に思えてくるくらい…(笑)

これを超えていました。

ただ高域が弱いのでそこで

満足感が分かれるかもしれません。

刺さるといったこともなかったです。

 

・その他

音の立ち上がりがよいです。

これは低域のおかげ。

下から上へドラムの音が立ち上がり、

左右からギターの音が浮遊する。

そんな印象を抱いています。

肝心のボーカルもしっかりと埋もれずにいるので

満足度は高いと思います。

 

まとめ

もともと8400円の商品ですが、

1万円 以下でハイレゾ対応、

しかもしっかりとした作りで

確か音質を持っている。

さらに今なら半額で買える(笑)

この機にDACとセット、

もしくはイヤホンをBASSとSoprano2種

買っても1万円いかないので

この機に入手して見るのもいいと思います。

 

特に!ハイレゾ対応がほしくて1万以下でいい音のないかな

と探している方には強くお勧めできます!

 

CyberDrive Feather DAC & CLASSIC SOPRANOを購入しました。

イヤホン

ぱい。

はい、CYBERDRIVE社の製品がAmazonでセール中ですが、

早速2つ商品を注文しました~!

DSD再生にも対応したUSBDAC,

Feather DACと、

ハイレゾ対応イヤホンのClassic sopranoです~

2016年5月7日現在、

商品ページのクーポンを使用すると

半額で買えちゃう!!!!

キャンペーンを実施中です。

なのでこの2つを買っても

7000円ほどでハイレゾ環境ができちゃうわけですよ。

信じられないほど低価格ですが、

実力はしっかりしたものになっています。

 

個々のレビューはのちのちに。

 

 

 

COWON PLENUE D ファームウェア v1.12国内配信開始

イヤホン DAP

久方ぶりです。

きょうは小ネタを。

COWON JAPAN→http://www.cowonjapan.com/

にて、PLENUE Dの最新FWが公開されました!

トップページの右上から

「PLENUE D ファームウェア v1.12」

f:id:shiocider:20160503135122p:plain

をクリックし、

f:id:shiocider:20160503135222p:plain

をクリック。

そして、

f:id:shiocider:20160503135430p:plain

こちらをクリックしてDLします。

そして、解凍ソフトの7zipなどが必要であればDLして

解凍します。

 

事前にPLENUE Dの電源モードを設定からスリープモードOFFにして、

電源を切り、

microSDカードを抜いておきます。

 

あとはHPの手順通りに、やればOK。

 

起動画面が変わりました!

Aurisonics(オーリソニックス) BRAVO Kickerを半額でGETしました

イヤホン

 

先日某家電ショップで祝日セールをしていて

こちらのイヤホン、

Aurisonics(オーリソニックス) BRAVO Kicker

が半額の14000ほどでGETしたのでレビューをうぇい!

 

 

パッケージ。

 

中身!

 

この見た目だとBAドライバのIEMに見えますが、

ダイナミック一発です。騙されました。(笑)

 

商品画像など見ていた感じではイロモノ感が半端なく、

ちょっとひくっとなる人が多いかと思いますが、

実物見るとかなりかっこいいです。

 

BRAVOシリーズは4種類あり、

その中で価格で見て下から2番目のモデルになります。

ちまみにMMCXコネクター。

 

まず気に入ったのが付属品の質感の良さ。

ケースはケーブルを巻いて収められる人気のタイプ。

そしてイヤーチップ。

 

これは初めて見るタイプで触るとべたつく感じがします。

ほこりが付きやすいですがMの三角形タイプが装着感よろしい。

外箱もかっこいいばかりで所有欲が完全に満たされました(笑)

 

 

続いて音のレビュー。

まず聞いて印象に残るのが

アタック感の強い低域。

蹴り上げたような音の跳ね、

キレの良さもかなり好みです。

 

中高域は埋もれたり

つぶされた感じもなく、

バランスの良い音になっています。

高域がけっこう尖った先に丸みがでてるような音で、

刺さらずしっかり出ていて好印象。

 

得意なジャンルはエレクトロかな。

D.I.S.C.O.とかいいです。

けど、なんでも鳴らせるタイプだと思うので

苦手とかはないかと。

 

そろそこのメーカーのイヤホンと

ギターメーカーのFenderがコラボしたモデル

出る予定なので、新しく買う方は

こちらも要チェックです。

 

f:id:shiocider:20160324175444j:plain

ちなみにこのKickerは生産終了モデルになります。

 上位モデルHARMONYというのがあります。↓

 

Amazonで買える おすすめ青軸LEDキーボード

PC

第一記目、いきますよ~

みなさんパソコンのキーボードにこだわりはありますか?

自分はついこの前まで1000円ほどの

小さなkeyboardをつかっていました。

キーが小さく、打ちにくくてイライラしてました(笑)

そこでついにキーボードの買い替えを検討し始めたのですが、

「メカニカルキーボード」

というものを知りました。

要するに一つ一つのキーが

シリコンみたいなのではなく

メカニックななんかプラスチックみたいな

軸があるようです!(適当)

軸にも種類があり、

青軸や茶軸、赤軸など多種類ありますが、

違うのは打鍵したときの音と感触みたいです。

私が選んだのは青軸。

カチカチとすがすがしく音が鳴ります。

青軸はオーソドックスな感じがありますが、

初めてのメカニカルキーボードにはよいのではないでしょうか。

ついでに言えばLED付きがほしい!

(ほんとはここ重要)

↓ということで、こちらを選びました↓

【HAVIT HV-KB366L 青軸有線機械キーボード 104キー RGBバックライト US Layout】

RGBのLED搭載で7色に光る 、まさに求めていたものそのもの!

テンキー付きですし、ライトは好みの色と明るさに段階的にキーを押すだけで設定できます。

また、USlayoutなので、日本語キーボードとは表示と文字入力に若干違いがあります。

半角英字/ローマ字入力の切り替えはtabキーの上のキーのみのようで、

記号を入力するときは表記と実際打つキーがひとつずつずれているみたいです(笑)

なれれば苦はありませんが、ちょっとどこにあるかわからなくもなります。

アルファベットはそのまま打てるのでご安心を。

光り方はこんな風。

f:id:shiocider:20160321040736j:plain

f:id:shiocider:20160321040742j:plain

全部載せると多いので割愛します(笑)

amazonレビューに動画がありますが、同じような印象です。

入門LEDメカニカルキーボードとしては

かなりしっかりしていると思います。

買ってから3か月ほど使っての感想です。

 

HAVIT-JPから購入しました、

私が買った当時は12000円ほどでしたので、

値下がりされてる今はねらい目かもしれませんね!

 

以上、HAVIT RGBLEDメカニカルキーボードの紹介でした!

 

 

お引越し

Bloggerが初心者には使いにくかったので、こちらにお引越しします。

Bloggerもいつか再利用しようかな。。

 以前の記事はTrill of Lifeで。