読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり教育と「世界に一つだけの花」。そのころからの影響

この曲は2002年のSMAPのアルバム、
Drink! smap!」に収録された曲で、
後にシングルカットされ300万枚以上売れる大ヒットを記録した。
 
僕はもともとSMAPの大ファンで、このアルバムも大好きで聞いていた。
しかしシングルカットされたころ、違和感を覚え始めた。
SMAPのファンでもないクラスメイト達がこの曲を絶賛し始めていたのだ。
表には出さないが内心ちょっとひねくれていた僕は、
「こいつら急に何言ってんの…」と冷めていた。
 
当時僕はこの曲が好きではなかった。
というか、評価されている部分が
「No.1じゃなくてもいい、もとから特別なオンリーワンなんだ」
というメッセージで、僕はそのメッセージが
あまりにも当たり前過ぎるだろうと思えていたからだ。
 
大人たちも何かに目覚めたようにこの曲を絶賛し始めていて、
違和感しか覚えなかった。
 
正直言うと真面目に生きていたわけではないが
こういう集団が共感しあい広まっていく現象には
嫌悪感が表れて堪えられなかった。
 
実際この頃から、日本人の意識は
低俗で軽薄なものを肯定するようになっていった。
そこへの反発心から僕は堅苦しい考え方を
するようになっていったのかもしれない。
 
上の行は世界に一つだけの花とは直接的には関係ないが、
自分らしくあること=性格が最低でも否定しない個性という詭弁
を作り出していることつながっているであろう。
 
 
自分の好きなように生きていい、
それは素敵なメッセージだ。
しかし他人を卑下、否定し日常的に民度の低い言葉を発している
若者がどれほどいるだろうか。
90年代からそれはあるのだがネットの普及からか
あまりにも多くなったように思える。
しかもそれを当たり前に肯定し悪いことだとは思っていないのだろう。
 
 
人間には集合意識というものがあると日常的にも
時代を眺めても感じることがある。
その意識を組み上げている物とは何か。
思いや行動、人間の所作すべてが影響し合っているだろう。
しかし一番気を使わなければいけないのは、「言葉」だろう。
 
 
「はじめに言葉があった」
と聖書に書かれているという。
これは一つの真実だと思う。
言葉とは思いであり音でもありシンボルでもある。
ネットで誰にあてるでもなく悪口が書かれていても視界に入るだけで
心地悪くなるだろう。
 
それだけ言葉には影響力がある。
目に見えるもの、聞こえるものしか信じない人間でも
それくらいはわかるだろう。
 
 
さいごに、
好きに生きればいい、ということを肯定する人へ。
この曲を聞いてみてほしい。
 
玉置浩二/しあわせのランプ
 
「好きなことをやっていきなさい」
というメッセージがあるが、
この歌を聞くと、不思議とその先の
自分の背中が見えるような気がする。
 
好きなことをやっていく、それはどんなに壊れても、
傷ついたり傷つけても、自分で学んでいくのだから。
ありのままでいいんだから。
 
 
 
(SMAPや楽曲の批判をする意図はありません。あのころから人々は考えが変わっていったと思います。
それをどうとらえるのかは人それぞれですのであくまで一人の感じたこと、意見として。)

低音増強のアイテム! OSTRY高域刺さり抑制調音用イヤーピース!

 

twitterのほうで気になるものを見つけたので

早速購入してみました。

 OSTRY高域刺さり抑制調音用イヤーピース!

スリーピース!

 

 

はい、ライオン頭の慎吾君が印象的でしたね、人にやさしく。

スリーピース!

 

 

この商品はどういう用途に使うかというと、、、

 

 

商品名通りですね。

高域を抑え100-200-300と型番ごとに低音の出方が変わります。

今回は赤のSO200、黒のSO300のLサイズ3個セットを購入しました。

 

 

青は残念ながら在庫の関係もあり今回は買いませんでした。

Twitterに挙げたのをまとめて感想を。

 

 

というわけでお気に入りなのは黒です!

低音がだいぶ増幅されて中域のまろやかな変化は大変素晴らしいです!

イヤピでここまで変えられるのかと、驚きますが、

これからは常識になっていきそうな予感がします。

 

赤のほうは、まだ刺さりが残る感じで、低域も黒ほど増幅されない。

しかし高域がほど抑えられていない分、イヤホンによっては合うと思います。

TZAR350は高域の解像度が高い故、特徴を抑えることにもなりますが、

中域はまろやかに、低域は量が増え包み込むように変わりましたので、

これはこれでかなり気にいっています。

 

・低域がもっと欲しい!

・高域の刺さりを抑えたい。

・今まで安いイヤピしか使ったことがない。。

 

といった方におススメします!

MF残党(仮 バランス出力アンプ「ぷちバラ3」ゲイン4 完成品の紹介

今回はヤフオクで購入した、

バランス出力アンプ

「ぷちバラ3」ゲイン4

の完成品を紹介します。

 

まず、この商品は

完成品、半完成品、自作用キットとして

それぞれ販売されていて、

ゲインの高さも数種類から選べるようになっています。

 

 

f:id:shiocider:20170317052336j:plain

 

f:id:shiocider:20170317052349j:plain

 

完成品はヤフオクから、

sellinglist.auctions.yahoo.co.jp

 

 

自作キット等は家電のケンちゃんから購入できます。

www.kadenken.com

 

f:id:shiocider:20170317052320j:plain

 

 

 

本体は手のひらサイズで、DX80と重ねるとこんな感じ。

 

 

f:id:shiocider:20170317052328j:plain

 

見た感じ対応しているプラグの太さもお分かりいただけるでしょうか。

 

 

対応しているバランス接続端子は、

3.5mm3極のデュアル。

SONYのPHA-3の構成と同様です。

 

こちらのピンアサインを見るとよいと思います。

 

 

f:id:shiocider:20170402215015j:plain

 

 DX80だと元の音が良い上、出力も強いので

バランス出力として使うのみの効果に感じますが、

出力の弱い、音もか細い機種、

SEIUN player や AK Jr.につなぐと、

バランスアンプとしての真価を感じました。

音の迫力やどの楽器がどこで鳴っているか、

明らかな変化を感じ取れます。

 

seiun playerとの組み合わせはコンパクトで

扱いやすく外でも使用しやすいです。

 

(余談ですがseiun playerはcyberdrive社製イヤホンでこそ

ハイレゾらしさを感じられる、相性良く作られています)

 

最近安くなっているので要チェックです。

 

ZTE AXON7 mini 数か月使用してみて…

以前使用していた、HUAWEI mate7が画面割れてしまったので

新たなスマホを探していました。

一番欲しかったのは、

moto Zplayなのですが、

(ちょうど今Amazonでセールしてますね)

 

当時6万近くて価格的に手がだせなかったので、

色々物色していました。

そこで目に留とまったのが、ZTE axon7シリーズ。

上位機種のAXON7はDACチップもハイレゾ対応で

スペックも大分高めな機種のようです。

こちらはAndroid7へのアップデートが開始したようで、

うらやましい限り…。

 

自分が選んだのは、下位機種のAXON7miniです。

大きな違いはDAC、CPUやメモリ、

そして本体の大きさです。

mate7が大きいのがちょっと疲れてしまったので

小さめのAXON7 miniはちょうどよいサイズ感。

5.2インチディスプレイでサイドに

Galaxy edgeとまではいかないものの

丸みがあり、高級感を醸し出しています。

 

f:id:shiocider:20161226043215j:plain

 

最初はデザイン的にイマドキではない感じ…でしたが、

 

上下についてるDolby atomos対応スピーカー、

アルミの筐体、丸みを帯びたデザインが

とても気にっています。

f:id:shiocider:20161226043217j:plain

機能面で満足している点は、

・UIのユーザーへの配慮が行き届いていて心地よく使いやすい。

・一応DACも積んでるのでスマホとしてはそこそこ音質も良い。

有機ELなので発色が美しい。黒がきれいに映る。

指紋認証が爆速。

・GooglePlayの支払いなどアプリにも指紋認証対応している(一部)

・スピーカーの音量も大きめに出る。

・Android6.0搭載。

・USB type-Cで充電も速い。

 

逆に不満な点は、

・カメラは普通。

・画面ふちが曲面のためにガラスフィルムが完璧にマッチするものがない。

・こっちもandroid7にアップデートしてほしい。。

ベンチマークスコアは5万点を切る。

 

f:id:shiocider:20170310082001j:plain

 

このあたりでしょうか。

 

ところで画面割れしてしまった(動作はする)

mate7とAXON7miniについてちょっと気になることを。

 

f:id:shiocider:20170310081033j:plain

 

↑mate7

画面割れした個所を見てみると、

「角」から割れてます。

落としどころが悪かったのですね。。

前面全体が画面を覆うガラスのためです

 

f:id:shiocider:20170310081054j:plain

↑AXON7 mini

角がガラスではなくアルミの筐体になってます。

このために落としても画面まで割れにくいのかな…??

とちょっとした期待があります(笑

ちなみに保護ケースはaliexpressで注文した、

クロコ型押しレザーの手帳ケースです。

3kしました() 

 

気に入った点として挙げた、

UIに関してですが、

まずステータスバーのカスタマイズと

表示できるアイコンの数。

f:id:shiocider:20170310081105j:plain

mate7ではカスタマイズできるものの、

すべて表示されずに使い勝手がわるかったのですが

当機種はすべてのアイコンが表示されていて、

位置もカスタムできます。

それから、画面ロック時に表示される通知が、

一度画面のベルマークをタップしないと

表示されないので、プライバシーに配慮されててよいと思います。

ホームやアプリでの動きも機敏で優秀なポイントです。

 

 

ざっと軽めにまとめましたが、

4万クラスだと「丁度よい」使い心地で

おすすめできます。

(しかしmotoZ playも4万くらいになってしまいましたね…笑)

 

デザインもいまではお気に入りです。

気になって方は、これ、もしくは上位機種の検討も良いと思います。

 

 

さいごに、

Amazonで買ったサプライを。

ガラスフィルムを3種類ほど購入するハメになってしまったのは、

中国製のAXON7mini用が全くサイズが合わなかったから(笑)

透明感もよくなく、サイズが小さいのが送られてきて意味不明でした。。

いまはこちらでちょうどよく使えています。

 

amazonだと品薄ですがビックカメラなんかに普通に置いてあったりします。

 

TPUケースも購入してました。

 

こちらが透明感抜群で良かったです。

Fischer Audio Con Brioリケーブル完成!!

 

前回に続きコンブリオ用も作りまし~!

ヘッドフォン側の端子は2.5mmモノラルなので、

こちらも簡単に作れました!

ちなみに今回の材料はサウンドハウスで調達。

コンブリオ用のケーブルは安売りされてた

AudioQuestのスピーカーケーブルで、

使ってみると硬くて重いです。

ヘッドフォンより重いので

ヘッドフォンがよくずれます(笑)

 

音はというと、元のケーブルだと

暖かい中低域を盛ったようなサウンドが

良い特徴でしたが、

このリケーブルにすると

低域の跳ねは若干落ち着き、

解像度がアップし、高域も出るようになりました。

ただ、このヘッドフォンはもともと高域が得意じゃないのか

すこし聞き疲れもしそうな感じがします。

 

あと取り回しが悪いので

外で使うときは純正のものにします。(笑)

 

kakaku.com

 

カリフォルニアヘッドフォン・シルバラードのリケーブル完成!

 

 

さて、今回のリケーブルの結線ですが、

ヘッドフォン側のプラグは左右とも、

RとGNDに結線し

プレイヤー側のプラグは左右どちらをR(L)に結線してもOKなので、

とても簡単でした。

 

音に関しては

付属のものがか細い目の音だったのに対し、

力強く満遍なく鳴らしてくれます。

個人的には高域に重点を置きたく銀はんだを使ったのですが、

中低域寄りの音に仕上がってしまいました。(笑)

ま、これはこれで満足なので

今度はフィッシャーオーディオのコンブリオ用に作ろうと思います。

 

あと色が残念!!!!

 

 

 

 

 

 

それから、

 

 

 

 

 

 

デスクトップをLEDテープで聖域にしてみた!

 

デスクトップを彩りたくて、ついに手を出してしまう。

LEDテープ。

Amazonで1300円から1500円くらいで買えちゃいますよ!

 

 

 

僕が買ったのはこちらで、

50㎝のLEDテープが2本、

ケーブルとリモコンセンサーがついた本体(?)と、

USBケーブルがセットになっています。

 

LEDテープのケーブルは片方が長く、

もう片方はかなり短めです。

 

これを自分のガラステーブル(机)の手前側の下に、

もう一本をコストコで買ったモニタースタンドに下向きに貼り、

机全体をほどよく照らす異空間(笑)を作り上げました!

 

 完成版が一番上のツイートです。

下は色の一部。

リモコンで光のモーション、色、明るさを操作できます。

これで1300円ほどとはかなりお手頃ですね。

 

      

 

どや!( *´艸`)